特集カテゴリ

特集記事

ヘルパーのお給料事情

ヘルパーのお給料事情
LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

ホームヘルパーの仕事内容

ホームヘルパーは食事や掃除などの家事全般を行う生活援助サービスと、排泄や入浴などの身体介護サービスの2つの仕事に分けることができます。ホームヘルパーは生活援助サービスも身体介護サービスも利用者の意思や権利について理解、尊重しながらそれぞれの生活をその人らしく過ごすことができるよう支援することが仕事です。

生活援助サービス

ではホームヘルパーの生活援助サービスの仕事内容についてですが、現在では自宅でサービスを利用する介護必要者が増えています。この自宅でサービスを利用したい介護必要者の生活に入り、日常の家事を含めた日常の生活支援を行います。また利用者の日々の変化に目を向けて、変化について記録することも仕事になります。
そして自宅にてサービスを受ける利用者の多くは、家族が離れているなどの理由から一人暮らしをしている場合が多いです。孤独と戦っているような利用者も少なくありませんので、精神的な拠り所として活躍することもあります。機械的に仕事をするのではなく会話を楽しむなど、利用者の心に寄り添いながら仕事を行うといいでしょう。

身体介護サービス

身体介護サービスは生活援助と違う点として排泄介助と入浴介助といった利用者の遠慮や気兼ねする部分も仕事になります。そのため身体介護サービスはより慎重な気配りや配慮、そして技術が必要になります。利用者の小さな変化にも気づいて医療関係者に報告をして連携することも仕事になるため、予測と予防をしっかりと行って利用者の安全を守ることも大切な仕事です。

給料事情

ホームヘルパーの給料事情を紹介していきます。ホームヘルパーとして働く場合は正社員として雇用されることよりも、アルバイトやパートとして働くことが多くなります。そのため給料に関しては時給制が採用されている場合が多く、正社員に比べて給与水準は低くなるケースが多いです。
施設スタッフとして働く人の時給は750円から1000円程度となっており、日給で換算するとおおよそ6000円前後が平均となります。また施設によっては夜勤があるため、夜勤手当てがつく場合では勤務1回につき3000円から5000円程度の手当てがつきます。夜勤専門となれば1回の勤務で10000円程度の給与をもらっている人が多いようです。
ホームヘルパーの平均年収に関して、厚生労働省が出している平成27年度賃金構造基本統計調査ではホームヘルパーの平均年収は45.3歳で304万円となります。他の職種に比べて高い収入を得ている人は多くはありませんが、ホームヘルパーの年収は上昇傾向にあり、今後も増えることが予想されています。