特集カテゴリ

特集記事

より良い職場へ転職

より良い職場へ転職
LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

転職でも給料は上げられる

介護職は離職率が高いと言われている職種ですが、その離職の原因の一つに給料面があります。給料面で不満を抱えている人は離職した後はもちろん前職よりも給料が良いところに転職を考えることでしょう。実際に、転職の結果、給料が良いところで働けるようになった人も少なくありません。そのため介護業界も転職によって給料を上げることは十分可能です。
介護資格を取得しても給料が全然上がらないという人や役職手当がとても低いという人、サービス残業が多いと感じている人にとっては転職によって給料が上げられると言えます。介護資格を評価している施設へ転職したり、役職の手当が高い施設、残業代がしっかりとつく施設へ転職をすることができれば給料が上がると考えられます。

施設による給料の違い

介護施設といっても様々な種類の施設があり、給料も変わってきます。給料が高い施設には資格を取得していることが条件であったりと、給料が高い理由があります。
例えばデイサービスでは夜間勤務もなく、比較的介護度の低い利用者が集まるため体力的には楽と言えます。そして資格の取得も必要ないところが多いため、その分給料は低いところが多いです。逆に有料老人ホームや特別養護老人ホームは夜間の勤務もあり、介護度も高い利用者が多いことから体力的にも厳しいです。資格を取得していなければ働けないような施設がほとんどですので、給料が高く設定されていることが多いです。
このように様々な施設によっておおよその特徴があります。もちろんデイサービスでも特別養護老人ホームよりも給料の良いところなどはあると思いますが、おおよそ施設の種類で給料の高い低いは判断できます。給料アップを考えるのであれば特別養護老人ホームや有料老人ホームなどで求人を探すと給料の高いところが見つかりやすいはずです。

同じ種類の施設でも違いはある

地方の最低賃金と都会の最低賃金を比べると都会の最低賃金の方が高くなっています。同様に同じ種類の介護施設でも都会の方が給料が高めに設定されていることは多いです。そして同じような業種でも給料が高いところ低いところがあるように、介護施設も同じ種類の介護施設でも高いところと低いところがあります。働いている施設の種類は変えたくないと考えている人でも、同じ種類の他の施設の求人を見てみると給料が違うところはいくらでもあるため、施設の種類を変えずに働きたいと考えている人も、転職をして給料の高い施設に移ることで給料アップを目指すことができます。